Now Loading

444 PICK UP ARTISTS

BEAT MAKER

EL moncherie

EL moncherie(弗猫建物/BLACK SWUMES) 埼玉県出身のBEAT MAKERでRhymingもする。RUMBLE5、RUMBLE225、RUMBLE6、RUMBLE72などのMIX CDやREMIX集「RUMBLE」ナンバリングシリーズを不定期でリリース、今回はRUMBLEでいうところのNoは49。同郷のDJであるQuaroと新しいRUMBLEのリリースを予定している。 第五土曜日に大宮444quadにてParty「UNDbangin'」を主催。

BASS MUSIC PRODUCER

ATSUKI

ギターを手に ハードコア、メタル、ジャムバンドなど様々なバンドを 渡り歩き、2010年にDJに転身。 ブースから発せられる そのプレイは ベースミュージックを主軸に破壊的な インダストリアルサウンドから ヒプノティックなドローンまでをも 織り交ぜサイケデリックにフロアを揺らす。 また楽曲制作においてもCM音楽や様々なアーティストへのトラック提供を行うなど幅広い活動を展開し、2014年 downy 第五作品集『無題』リミックス アルバムにて赫灼セルロイド ATSUKI remixで参加。 現在 BASICAの アディショナルメンバーとして共に実験的なヒップホップを創作し精力的に ライブ活動を行なっている。

HIPHOP

MIGHTY

「DJ MIGHTY 」 2000年、15歳の時にDJとしてのキャリアをスタート。 現在では地元埼玉大宮にてレギュラーイベント「STEEZY at.444QUAD」を毎月主催し、都内を中心に新木場ageHa、VISION、HARLEM、BX CAFE、BAR WREP etc...などの有名クラブから音好きが集まる小箱まで毎週出演、幅広い年代層のオーディエンスはもちろん、様々な同業者からも支持を得ている。 近年クラブ以外ではJ-WAVEの番組SONAR MUSIC と六本木ヒルズにあるYouTube Space TokyoとのコラボレーションイベントにてLive以外の時間のトータルDJを担当し、今話題のシンガーRIRIとも共演。 またルミネ横浜RESTAURANT Like a Resortでは海の家の作りの演出をした7FレストランフロアでDJを担当、プレイはもちろん機材や音響の知識も豊富な為、現場からの信頼度も高い。 制作方面では定期的にMIX CDもリリース、MIX CD大手サイトにて総合ランキングで1位も記録し、出すタイトル外さない内容で反響を呼んでいる。 またショー音源制作も数々のクライアントを担当し幅広く活動中。 以下過去の代表担当音源 ■B.LEAGUE 埼玉ブロンコス(ハーフタイム中のショー音源) ■DANCE NATION(埼玉スーパーアリーナ) ■Ravijourファッションショー ■大阪オートメッセ etc...

HIPHOP

KATSLAW(弗猫建物)

Scratchのキレに取り憑かれキャリアをスタート。RapperのVANY,EujinKAWI,と共に埼玉のレジェンダリーなクルー、"弗猫建物"のメンバーとしても知られLIVEでは後方から勢いを上乗せするIRON STICKSとなる。現在各地でのDJ PLAYを神出鬼没に行う傍ら、楽曲上でScratchを多数Flowさせる。直近では仙人掌「Word From…」EPのELDERS feat. OYG pro Malik Abdul-Rahmaanでそれを聞く事ができる。MIX CDは「HIT THE SLIDE」シリーズの3タイトルを始めとする、嗜好品的MIXを多数リリース。また2018年6月下旬から各SHOPで展開されるDOGEAR RECORDS × P-VINE RECORDSキャンペーンの為に制作されたDOGEAR SAMPLER 18' のDJ MIXを担当。

HIPHOP

KAZU(La-melomania)

埼玉県出身、10年以上のDJキャリアを持ち、クラブシーンの表舞台・裏舞台で精力的に活動し続けるDJ/Track Maker。 HIPHOP,JAZZ,BOSSA,SOULなどを中心とした通好みな選曲と巧みなスクラッチ&ミックスで地元埼玉や東京を拠点に活動中。 多種多様なDJ PLAYは様々な空間を演出しジャンルを問わず幅広いリスナーからの支持を得ている。 現在までに都内各所でのEventの客演やメジャー、アンダー問わず数多くの大物Artist・海外Artistとの共演やReguler DJなどを務める。 2005年からはメジャーArtistのLIVE DJとしても活動を始めるなどマルチな才能を見せ今や日本全国でその実力を買われ活動の場は広がり続けている。 DJの活動以外にも、1998年からはTrack Makerとして数多くのArtistやSound trackへの楽曲提供を開始。 2002年にはDANYOL,DJ KAZUHITOと共に「La melomania」を結成。 2004年に発売されたEP「ANOTHER J5」(アナログ/CD)は、自主制作ながらも驚異的な売上を記録し、JAZZY HIP HOP界隈で話題のEPとなる。 今後の幅広い活動に期待の声は高く、今最も注目を集めているDJの一人である。

Techno

SHINICHIRO IMANARI(09recordings)

1994年よりギターリストとして音楽活動のキャリアをスタートさせ、1998年より DJ活動を開始。以降、都内主要クラブを中心に精力的な活動を行い、国内外の著名アーティスト達と共演。DJスタイルは硬重なハードミニマルを基調としながらも、即興性とライブ感を重視した、トリッキーなミキシングとエフェクターを多用したプレイが特徴である。 2003年からは本格的なオーガナイズも開始させ、ex.青山Maniac Loveで開催されていたUnderGround Techno Party「ZERO-NINE」を皮切りに、現在はCircus Tokyoで開催される「TYPE NINE」、埼玉県大宮444QUADで開催される「TYPE ZERO」を主催している。2010年からはDJ、オーガナイズと並行して自身のプライベートレーベル「09recordings」を主催、楽曲制作の傍ら多くの国内外アーティストのプロデュースも手掛け、マルチな活動をするアーティストの1人である。 また今年はトラックメーカーとして、ドイツ、イギリス等のレーベルから楽曲リリースや、イタリアのサルディーニャ島で開催されるACID TECHNOの祭典、ACID PUNK ROYALへ出演も決定しており、今後の動向も注目される。

Topへ